>

不用品回収と廃品回収の違いを知って活用すれば、より心地良い生活になります

回収費用をケチろうとするとかえって失敗することも!?

この記事をシェアする

不用品回収業者を探すなら慎重に

断捨離という言葉が浸透するようになってから、不用品を処分したいと思う人が増加し続けています。
それと同時に、不用品回収業者とのトラブルも頻発して問題視されています。

最も多いトラブルは、回収費用の不明瞭な請求についてです。
無料のはずが、あとから手数料等が追加されて不当な回収料金を支払わされる羽目になったりしています。
見積書を事前に作成してもらっても、当日になってさらに上乗せしてくるパターンもあります。

また、回収後の不用品を不法投棄するたちの悪い業者もいます。
その場合は元の持ち主が引き取ることになるので、結局依頼側が損をしてしまいます。
回収業者を利用する際には十分気をつけて、情報をしっかり集めてから頼むようにしてください。

廃品回収は家電の扱いに要注意

廃品回収の場合、新聞やびんなどの資源ごみならば特にトラブルは起きません。
問題は、リサイクルできる家電を無料で回収すると触れ回る業者の対応です。

トラブルを未然に防ぐ方法の一つとして、自治体の許可や委託をもらっているかの確認があります。
また、見積書だけではなく領収書を発行してくれるかどうかも判断材料となります。
搬出時の家屋への傷に対する保険についても確認しておくと、何があっても間違いありません。

自分で処分する場合には、家電リサイクル券を郵便局で発行してもらうことになります。
処分する家電にリサイクル券を貼り、指定の引き取り場所に自分で持っていかなければなりません。
処分までに手間がかかるので、家電販売店に依頼するのが最も確実で安全です。