>

不用品回収と廃品回収の違いを知って活用すれば、より心地良い生活になります

自分に合っている回収方法の確認

この記事をシェアする

自治体と業者、どちらの方法で回収するか

不用品回収を依頼するには、自治体と業者の二つの方法があります。
それぞれにメリットやデメリットがありますので、自分の状況と照らし合わせて選択してください。

自治体の不用品回収は、運営が市町村なので信頼できて費用もさほどかかりません。
一方で、指定場所への搬入や利用券の購入などの手間がかかります。
また、冷蔵庫や洗濯機のようにリサイクル可能なものは回収を受け付けていません。

業者に依頼すると、連絡をすれば自宅まで来て回収してもらえるのが最大の利点です。
引っ越し等ですぐに処分をしたい場合にも、こちらの都合にある程度合わせてもらえて便利です。
しかし、自治体よりもお金がかかり、料金設定が業者によって異なりますので事前確認が不可欠です。

廃品の処分は環境を配慮する心を忘れずに

リサイクルが目的の廃品回収は、不用品回収よりも様々な方法で回収が行われています。
環境問題に関心を持ち、積極的にリサイクルに協力する姿勢が大切です。

休日に近所の小学校などで廃品回収を行っていたりしますので、地域活動に貢献するのもよいでしょう。
ためこみたくないなら、巡回している業者にお願いすると手っ取り早いです。
リサイクルボックスを設置して、いつでも自由に持っていける状態にしている会社もあります。

電化製品については、家電リサイクル法等を踏まえた上で取り扱いましょう。
買い替えの場合は、新品の購入先に引き取ってもらうことも可能です。
料金が発生しますが決して不法投棄などせず、必ず正規の方法で処分してください。